合成界面活性剤が頭皮を傷つける!酢洗髪のすすめ

酢で髪の毛を洗うというと奇妙なことのようにも思えますが、酢洗髪は頭皮と髪の毛の優しい非常におすすめの洗髪方法です。通常のシャンプーの強すぎる洗浄力を避けることで、頭皮環境は大きく改善されます。今回はそんな酢洗髪について紹介します。身近にあるものを利用して、髪の毛が育ちやすい環境を整えていきましょう。

合成界面活性剤があなたの頭皮環境を悪くする?

市販のシャンプーの多くには合成界面活性剤が使われています。この合成界面活性剤は、洗浄力こそ非常に強力ですが、強すぎる洗浄力のせいで頭皮にダメージを与えてしまいます。またその強い洗浄力は頭皮の油を必要以上に落としてしまい、その結果、なくなった油を補おうと頭皮はより多くの油を分泌します。頭をしっかりと洗っているはずなのに、頭皮がべたつくという人は合成界面活性剤の強すぎる洗浄力が原因かもしれません。こういった場合、合成界面活性剤の使用をやめるだけで徐々に頭皮の環境は改善していきます。

しかし、合成界面活性剤の使用をやめるということは、強い洗浄力を手放すことを意味します。これでは、逆に頭皮に汚れが残ったままになり、頭皮環境が良くなる効果は期待できないのではないかと不安になるわけです。そこで、身近にあるもので頭皮をしっかりと洗浄していくのです。この世の中には頭皮をしっかりと洗えるものがたくさんあり、何も合成界面活性剤にだけ頼る必要はないのですね。

酢洗髪の方法

酢洗髪はまさに酢を使って行う洗髪です。合成界面活性剤の使用をひかえることができることから、頭皮の環境を改善する効果が期待できます。酢洗髪のために用意するものは以下のとおりです。

  • 洗面器
  • 温かいお湯
  • 穀物酢 小さじ1

酢洗髪にはこれだけの材料鹿必要ではありません。すべて一般家庭にある物であるため、今日からすぐにでも酢洗髪を試すことができますね。酢洗髪の手順は以下のとおりです。

  1. 洗面器に温かいお湯を入れて、そこに酢を加える
  2. 濡らした髪の毛に、その酢が入ったお湯を手でつけて、もむように洗う
  3. 髪の毛全体と頭皮を洗い終わったら、2度ほどすすぐ

つまり酢洗髪は通常のシャンプーとほとんど同じ手順で行うことができるのです。それでいて酢の力によって髪の毛汚れを落とすことができます。酢洗髪をはじめた頃は、髪の毛がべたついたり、フケが出ますが、これは今まで使ってきて頭皮の毛穴に溜まったシャンプーの成分が落ちてきているだけです。酢洗髪を続けると、どちらも気にならなくなります。

このように合成界面活性剤の使用をひかえても、髪の毛の汚れをしっかりと落とすことは可能なのです。手軽であるからといって合成界面活性剤にばかり頼っていては、毛髪が取り返しにつかないことになりかねません。あなたも明日から酢洗髪を試してみてください。さっぱりとした洗い心地はきっと病みつきです。

紫外線は髪の毛の大敵!春夏の頭皮ケアに注目しよう

髪の毛は季節にかかわらずに一定のサイクルを繰り返し、新しく生えては抜け落ちていきます。しかしながら、季節によっては、頭皮環境が悪化しやすい時期があります。このような季節に頭皮のケアを十分に行わないと、抜け毛や薄毛がどんどん進行していってしまいます。今回は、頭皮環境が悪化しやすい春から夏にかけての時期について紹介します。

頭皮環境が悪化しやすいのは春と夏

一般的に頭皮環境が悪化しやすい季節は春から夏であると言われています。これは、紫外線の量が多いことと、エアコンによる乾燥が関係しています。紫外線は、頭皮を乾燥させ、また髪の毛の表面を覆っているキューティクルをはがしてしまいます。頭皮が過度に乾燥すると新しい髪の毛が十分に生えてこなくなってしまうのです。

また夏場はエアコンを多用する家庭も多く、室内が非常に乾燥した状態になることも少なくありません。エアコンの風をじかに頭皮に浴びているような場合は、早急な対策が必要となってきます。

春夏にできる簡単ケア

以下では春夏に行うことができる簡単な頭皮のケアについて紹介します。これらの頭皮のケアは、抜け毛や薄毛を防ぐための根本的な方法となります。

髪と頭皮の汚れを落とす

春夏は、気温が高いことから頭皮に汗をかきやすい状況にあります。また、季節がら雨が多く、湿気が高くなり、頭皮に雑菌が繁殖しやすい季節でもあります。そのため、春夏は毎日しっかりと頭皮や髪の毛の汚れを落とすことを心がける必要があります。頭皮にたまった汚れは雑菌を繁殖させる温床となり、毛穴を詰まらせます。毛穴が詰まると、育毛作用が弱まり、その分抜け毛や薄毛が進行するのです。

頭皮の汚れをしっかりと落としきっていくためには、まずは自分にあったシャンプーを選ぶ必要があります。乾燥肌や敏感肌の人は、なるべく肌に対する刺激が弱いシャンプーを選びましょう。そして、髪の毛を濡らした後に、まず手の中でシャンプーをある程度泡立ててから髪の毛につけていきます。そして、指の腹を使って頭皮をもみほぐすように汚れを落としていきましょう。このとき爪を立ててしまうと頭皮に傷ができてしまって良くありません。指の腹で頭皮を細かく擦り毛穴に詰まった汚れをかき出すイメージで頭を洗ってみてください。

頭皮を保湿する

また春夏は来季こそ湿度が高いですが、部屋の中ではエアコンを多用することから乾燥しがちになることがあります。そのため、頭皮の潤いを保つことが非常に重要となってきます。潤いを保つためには体の内部から行うものと身体の外部から行うものの2つがあります。

体の内部から頭皮の潤いを保つ為には生活の中で水分をたくさん摂取すること心がけてください。この際、コーヒーや紅茶は利尿作用を促進してしまうので水分補給として適切ではありません。常温の水などを定期的に摂取し、体の内部を潤わせる心がけが必要となります。また、頭皮が乾燥しがちな人は自分の肌にあった保湿剤などを塗るといった試みも行いましょう。頭皮の汚れが落ちており十分な保湿がされていると、新しい髪の毛が育ちやすい環境になります。

新陳代謝を高める

また髪の毛といっても体の1部であり、新陳代謝により作られて死んでいきます。そのため、体の新陳代謝を活発にすることは、新しい髪の毛を作ることにつながるのです。昨今は忙しく働く人が多く、日々の生活の中に適度な運動を取り入れることが難しくなってきています。

しかしながら、適度な運動を行い、体の筋肉を保つことは新陳代謝を活発化させることにつながります。また、汗をかいて体の中の老廃物を出してしまうことも、頭皮環境良くすることにつながります。薄毛や抜け毛の対策をしたい人は、日々の生活中に運動取り入れて新陳代謝を活性化していきましょう。

春夏は要注意

このように春と夏は頭皮の環境が悪化しやすい季節です。しかしながら、だからこそ春夏の頭皮ケアを十分に行うことで、1年間の間頭皮の環境を良く保つことができます。

最新の治療が盛り沢山!脱毛外来と昨今注目の治療法について

今回は、脱毛外来で昨今注目を集めている治療法について紹介いたします。また円形脱毛症、男性型脱毛症という2つの大きな脱毛症について取り上げていきたいと思います。昨今は脱毛症の治療のために皮膚科を訪れる人も非常に多くなってきました。皮膚科の外来ではどんな治療が行われ、どんな効果を発揮しているのでしょうか。これらの知ることは、あなたの脱毛症を改善することにつながるかもしれません。

2つの脱毛症

今回取り上げるのは円形脱毛症と男性型脱毛その2つです。これらはどちらも抜け毛・薄毛の大きな原因となるものですが、それが起こる仕組みは全く違うものです。初めに円形脱毛症は、免疫異常によって起こると考えられています。つまり彼らにとって異常なものを排除するための免疫が、異常な動作をすることにより髪の毛が抜けてしまっているのです。これらはアレルギー疾患とも似たような仕組みを持つものです。決して体に悪くないものを摂取したにもかからず免疫が過剰に働いて、それを排除しようと体に湿疹が表れたりするアレルギー反応は円形脱毛症の仕組みと実によく似ています。

これに対して男性型脱毛症は、男性ホルモンの分泌により起こります。男性ホルモンは本来は体毛を濃くする働きを持ちますが、男性型脱毛症の場合は男性ホルモンの働きによって頭皮の毛が薄くなっていくのです。これらは加齢とも大きく関係しており、そのため一般的に年をとると髪の毛が薄くなるのです。

円形脱毛症に対する治療法

神経脱毛症の治療において求められるのは、免疫の仕組みを正常に戻すことです。免疫が異常な働きをすることにより髪の毛が抜け落ちているので、その動きを正常に戻すことで髪の毛が抜け落ちるのを防ごうというわけです。そのため円形脱毛症の治療においてはステロイド剤の使用がよく使われます。ステロイド剤によって免疫の働きを抑制し、脱毛症を改善していくのです。また昨今は長波長の紫外線を頭皮に当てて、その効果で免疫の働きを抑制するといった治療法もとられています。

男性型脱毛症に対する治療法

男性型脱毛症の治療には、育毛剤の使用が効果的であり、皮膚科外来でもよく用いられています。特にミノキシジルといった成分を配合した育毛剤は、データ上でも育毛効果が認められており大変に人気となっています。このミノキシジルは男性ホルモンに直接作用することなく頭皮の血行促進し、毛母細胞の働きを活性化させていくといった効果を持っています。同様にして昨今注目を集めるのがフィナステリドといった成分です。こちらは最強の発毛剤とも呼ばれています。

皮膚科外来を受診しよう

このように昨今は皮膚科外来で薄毛・抜け毛の治療が積極的に行われています。薄毛・抜け毛に悩みを抱えている人は、まずは皮膚科外来を受診すると良いかもしれません。そうすることで、自分に適切な治療法を教えてもらうことができるでしょう。

女性の薄毛・抜け毛はホルモンバランスの乱れが原因

薄毛や抜け毛というと男性のトラブルといった印象がありますが、昨今は若い女性の間でも薄毛や抜け毛の悩みを抱えている人が多くなってきています。これには食生活の欧米化や、女性が行う過度のダイエットなどが関係しています。今回は男性の薄毛や抜け毛とは原因が違う、女性の薄毛や抜け毛について紹介します。

女性は男性ほど薄毛になりやすいわけではない

男性の薄毛や抜け毛が始まる原因として、男性ホルモンの分泌があります。そのため、男性ホルモンの分泌が少ない女性は、男性と比較すると薄毛や抜け毛の進行が遅いといった特徴があります。一昔前は、女性の薄毛といったものは高齢者の悩みでした。しかしながら、昨今は若い女性であっても薄毛や抜け毛に悩んでいる場合があります。

ホルモンバランスの乱れ

若い女性が薄毛や抜け毛になる原因として最も大きなものがホルモンバランスの乱れです。そして、ホルモンバランスを乱れさせる原因となるものは、忙しすぎる生活によるストレスや、過度な食事制限によるダイエット、偏食などが挙げられます。体が内部から調子を崩してしまうことで、髪の毛が生えるプロセスに影響を及ぼすのです。

ホルモンバランスを正常に保つためには、日々の生活の中で受けるストレスを減らしていくことが求められます。しかし、ストレスを完全にゼロにすることは難しいでしょう。そのため、自分にあった方法でストレス解消を行っていくことがお勧めです。適度な運動や読書などは大きなストレス解消効果を持つので、日々の生活の中に積極的に取り入れてみてください。

また、バランスの良い食事を心がけること、過度なダイエットしない事もホルモンバランスの乱れを改善することにつながります。特に忙しく働いている女性は、日々の生活の中で食事がおろそかになりやすい傾向があります。コンビニ弁当やお惣菜を対応することを避け、作り置きなどを利用して毎日栄養素に偏りのない食事をとることを心がけましょう。

ヘアケア用品があなたの肌に合っているか

またホルモンバランスの乱れとは直接的に関係ありませんが、ヘアケア用品が肌に合っていないことから頭皮トラブルを抱える女性も少なくありません。昨今ドラッグストアにおいても様々な謳い文句のヘアケア用品が売られています。しかしながら、自分の肌に合わないものを使い続けることは頭皮環境を悪化させる効果しかありません。頭皮が異常に乾燥していたり、頻繁に傷ができたり赤みがかっているような場合は、ヘアケア用品を丸ごと見直す必要があるかもしれません。

日々の生活を見直そう

このように、女性は男性ほどホルモンや遺伝的な原因によって薄毛が進行していくことはありません。それにもかかわらず薄毛や抜け毛が進行している場合は、体内でホルモンバランスが崩れていることが疑われます。大きなストレスを抱え忙しく働いている場合は、毎日の生活を根本から見直す必要もあるかもしれません。そうすることで、頭皮環境は次第に改善されていき、薄毛や抜け毛も改善されていくのです。