根本的な改善のために!抜け毛と薄毛を防ぐカギは毛母細胞にある

抜け毛と薄毛は多くの人の悩みですが、それらを改善するためには抜け毛と薄毛が起こる原因を理解し、根本的な改善方法を取る必要があります。不規則な生活や、油ものばかりを取る食生活など、薄毛や抜け毛を促進する日常的な行為は多々ありますが、結局のところ、薄毛を解消するためには毛母細胞の血行促進と栄養補給が必要となります。

今回は薄毛と抜け毛を根本的に改善することができる毛母細胞の血行促進と栄養補給について紹介します。

毛母細胞とは

毛母細胞とは、毛乳頭周辺の細胞組織のことです。毛母細胞は、毛乳頭に回ってきた栄養素や酸素を受け取り、細胞分裂を行って髪の毛を作りだす働きをします。そのため、毛母細胞こそ新しい髪の毛を作るために必要不可欠な細胞なのです。この毛母細胞の働きが低下すると、当然ながら新しい髪の毛は作られにくくなってしまいます。それが、薄毛や抜け毛の原因となります。

毛母細胞の働きを弱める原因

毛母細胞の働きを弱める原因には様々なものがありますが、以下が代表的なものです。

  • 加齢
  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • 不規則な生活
  • 病気
  • 男性ホルモンの影響

このように加齢や男性ホルモンなど、自分ではどうしようもない原因により毛母細胞の働きが弱ることもありますが、同時に食生活の乱れ、ストレス、規則な生活、病気などによっても毛母細胞の働きは低下します。自分で改善することができる原因を取り除くことによって、毛母細胞は年齢に応じた本来の働きを取り戻し、結果として新しい髪の毛がどんどん作られるようになるんです。

毛母細胞の血行促進

毛母細胞の働きを活発にするためには、血行促進が非常に重要となってきます。血液は身体の中に各種の栄養素を届ける役割を果たします。そのため、血行が悪い場合は、毛母細胞に十分な栄養素が届かず、新しい髪の毛が作られにくくなってしまうのです。私たちの頭皮は、加齢によってどんどん固まっていきます。

そのため、頭皮のマッサージは非常に重要となってきます。指の腹で頭皮を前後左右に揉みほぐす習慣をつけるだけでも、頭皮の血行は大きく改善されます。また、市販の育毛剤の中にも血行促進作用を持つものがあるので、自分の肌に合ったものを一定期間使ってみましょう。

毛母細胞の栄養補給

また、いくらも毛母細胞に至るまでの頭皮の血行をよくしても、そもそも栄養が補給されていなければ毛母細胞は十分な働きをすることができません。毛母細胞が新しく髪の毛を作るために必要な栄養素は、タンパク質、ミネラル、ビタミンなどです。

特にたんぱく質は私たちの体の元となる栄養素であるため、良質なタンパク質を含む卵や大豆、を定期的に補給するようにしましょう。また、ビタミンやミネラルはついつい不足しがちな栄養素です。そのため、意識的に緑黄色野菜を取ったり、海藻類を食べたりしてください。

毛母細胞に注目しよう

このように、毛母細胞は新しい髪を作るための重要な器官となっており、十分な働きを促すためには頭皮の血行促進と、新しい髪の毛を作るために必要な栄養素の補給が欠かせません。どちらも普段の生活を見直すことで簡単に始められるものであり、薄毛と抜け毛の予防に効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です